異性を落とすLINEテクニック!気になるあの子と付き合えるかも?

スポンサーリンク
恋愛

こんにちは!

ケロスケです。

最近涼しくなってきましたね。汗かきな僕からするとこの季節は一番ありがたいです(笑)

まあ雑談はさておき、今回は

気になる異性を落とすLINEテクニックをご紹介いたします。

「会ってると会話やコミュニケーションがスムーズに進むけど、LINEだとどうしても接し方が難しい。。。」という方は特に必見です。

実は離れている状態でのコミュニケーションって、めちゃくちゃ大切なんですよね。

どれだけ会っているときに円滑に楽しく会話できようが、LINEで冷たくしたり素っ気ないメッセージを送ってしまうと相手は心配になります。結果、お付き合いすることが難しくなってしまいます(稀にLINEは素っ気ない方がギャップがあって好き。。。という方もいらっしゃいますが。)

ではさっそくご紹介していきます!

 

 

 

 

 

とにかく早く返信をする(※ただし例外あり)
まあこれが一番大切です。(笑)
これは僕自身もやってしまいがちなのですが、「相手の返信速度に合わせる」ということ。
気持ちは本当にわかります。わかりますけどダメです。
これをする理由として、
  • 返信が早すぎると面倒くさいと思われそう
  • プライド的に自分ばかりが早く返信するのは嫌だ
  • 好きだと思われそう(実際は好きですが(笑))

といったことが挙げられます。人間なのでプライド的な面は少なくともあるので、こういった感情になってしまうのは当然のことですが、「相手を落とす」という観点から見るとあまりよろしくないかも。

まあ僕が言いたいのはLINEがきたらすぐに返信してくださいということなんですが、例外もあります。

例えばですが、

  • 相手が仕事ということを理解しておきながら、勤務時間中に頻繁にLINEを送ること。
  • いつも丁寧に返信をくれていたが、それが急に冷たくなったとき、その原因もわからないまま頻繁に高速度でLINEをすること。(家庭内の事情で落ち込んでいるなど)
  • 夜遅くに頻繁にLINEをすること。(相手の返信も伴って頻繁に返ってくる場合を除く)

このような場合は早く返信するのはあまりよくないかなと思います。

相手の事情も考えた上で、自分勝手な行動はせず、迷惑をかけない程度に返信をしてください。

ただ、夜遅くにLINEをするなと言いましたが、相手からも頻繁に返信が返ってくる場合は別です。このような場合はむしろゴールデンタイムです(笑)

ただただ幸せな時間をお過ごしください。

 

 

 

 

 

気軽に「好き」と言わない
簡単に「好き」と言わないでください。
軽いと思われます。
本当に気持ちを伝えたいとき。好きで好きでどうしようもないとき。
そういう場合にのみ、ありったけの気持ちがこもった「好き」を伝えてください。
普段好き好き言いまくってる人からの「好き」より、
普段何を考えているかわからないよう人から言われる「好き」の方が、圧倒的に重みがありますしインパクトも絶大ですよね。
そういうことなので‼普段からあまり軽く言わないようにしましょう。

 

 

 

 

 

絵文字やビックリマークをたくさん使う
例文を挙げてみましょう。
「そうなんだね。すごいね。」
「そうなんだ!すごいね☺」
どっちが印象いいでしょうか。
間違いなく後者ですね。
たまに前者のような返信の仕方をされている方を見かけます(友人含め。)
もちろん、親しい友人にいちいち手の込んだ返信をしろとは言いませんが、
せめて気になる異性にはこれぐらい頑張ってみませんか?!
これを意識するだけで確実に相手からの印象が変わります。
僕は彼女とお付き合いをして3年近く経っていますが、いまだにビックリマークや絵文字を欠かしたことはありません。(喧嘩時を除く(笑))
ほんとにちょっと意識するだけでいいので、ぜひ頑張ってみてください。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?
本当に自分の経験則でしか語っていないので皆様にとって参考になるかどうかはわかりませんが、
逆に経験しているからこそ役に立つ情報もあるのではないかと思います。
お酒で酔っ払ってつい変なLINEを送ってしまうこともありますが、絶対後悔するのでこれも辞めてくださいね(笑)
それでは皆さんの激アツなカップルライフが実現できるよう、心より願っております。
また次回の記事でお会いしましょう(‘Д’)
kerosuke

いろんな恋愛を経験してきたケロスケと申します。
僕の経験談を交え、皆様にいろんな情報発信をしていきます。
少しでも参考になれば幸いです(/・ω・)/

kerosukeをフォローする
恋愛
スポンサーリンク
シェアする
kerosukeをフォローする
ケロスケブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました