恋人と喧嘩ばかり・・・。この先どうするべき?

スポンサーリンク
倦怠期

どうもこんばんは。ケロスケと申します。

現在26:30、眠気と戦っております(笑)

でも同時に、この夜中に本記事のタイトルのような悩みを抱えられている方もおられることと存じます。

「最近恋人と喧嘩ばかりで、性格的に合っていないのかも。別れた方がいいのかも。」って思われている方。元気なくしてしまいますよね。

僕の場合は、優しくあなたに向けて慰めの言葉を投げかけるというわけでもなく、実際に経験談から得た情報を発信していきます。

時にはあなたにとって苦しい言葉も見かけるかもしれませんが、綺麗事を並べ、あなたを安心させるために綴ったウソの情報を掲載しているサイトよりも、よっぽどタメになる情報を発信できている自身がありますので、時間があればぜひご覧いただきたいと思います。

  • 近頃、恋人と喧嘩ばかりで、自分とは性格的に合っていないのではないかと思い始めてきた。
  • これからもすれ違っていくだろうし、別れた方がいいのではないか。

上記に当てはまる方は是非ご覧になっていただきたい記事です。

長々と前置きを話していてもしょうがないので、早速見ていきましょうか。

 

スポンサーリンク

「なぜ喧嘩をするのか」を考えてみる

なぜ、あなたたちは喧嘩をしてしまうのでしょう。原因を突き止めようともせず、日常茶飯事になってしまった喧嘩を、「またか・・・。」と、時間任せに、仲直りできる日を待っているだけではないですか?

それでは何も解決しませんし、また同じような喧嘩が起こります。そしてまた同じように時間に任せ、原因を突き止めることもできずに、喧嘩が起きてしまいます。

なのであなたがするべきことは、「何が喧嘩の原因なのかを考えて整理すること」。

喧嘩には大きさがありますよね。些細な喧嘩もあれば、連絡を取らないほどの大きな喧嘩もある。

どんな喧嘩に対しても、原因をしっかり考えて発見して、頭の中で整理してみてください。例えば、

  1. あなたが恋人に対して思いやりのある行動ができず、傷つけてしまった。
  2. あなたが記念日を忘れていた。
  3. 相手があなたにとって傷つく行動をしたが、相手は自分が悪いことをしたという自覚がない。

振り返ってみれば、原因って案外頭の中に浮かぶものですよ。ただ、ここで注目してほしいのは3番。あなたは悪くない場合です。

相手が明らかに悪い場合は、それを相手にしっかりと伝えてあげてください。

「君が○○をしたことによって、自分は傷ついてしまったから、その行動は改めてほしい」

ここでキツイ口調で話すのではなくて、オブラートに包んで、相手を傷つけないような優しい言い方で話してみてください。(上記の文言が優しいかはわかりませんが・・・(笑)

それでも相手が逆ギレしてくるようなら、そんな相手とはとっとと別れましょう。時間の無駄ですし、あなたまでそんな人間になりますよ。

お母さん、お父さんから教わりませんでした?

相手の気持ちを考えられる人間になりなさい。 ぼくはそう教わりました。だから相手を傷つけないように生きているつもりです。

素直に謝ることができる恋人なら、必ず改善できます。もちろんあなたも悪いところはしっかりと謝らないといけないですよ!

些細な原因でも、しっかりと見つけ出して、相手と真剣に話し合うことで、プラスになることは必ずあります。

喧嘩をして時間が解決すると思い込み、惰性で過ごすことは、この記事を読んでからは絶対にやめてください。

 

 

 

 

 

別れる

ってか、「別れる」と「距離を置く」の違いって何なんですかね。(笑)

正直、僕はその二つに違いがあるとは思わないので、どっちも一緒だと捉えてもらって結構です。

よく聞く話は、

別れる・・・文字の通り相手とお別れする。
距離を置く・・・一旦離れて、お互いの気持ちを整理する。
こうやって見て頂くと、違いなくないです?(笑)

 

どちらも物理的に離れることには変わりありませんので、「別れる」でいいかと思います。

 

別れるにしろ距離を置くにしろ、相手と離れて、お互いの存在の重大さに気付き、

 

そしてお互いが「よりを戻したい」と思えたらよりを戻す。

 

最愛の人とお別れし、今まで自分の中の生活の一部だった相手の存在がなくなることに、最初は違和感と喪失感を覚えます。

 

それを経て、あなたがどういう感情になるのか・どういう行動をとるのかによってこの先は変わります。

 

「あ、あの人がいなくてもやっていけるんだ」と思うのであれば、また新しい恋を見つけるために自分磨きを頑張っていけば良いです。

 

逆に、「あの人がいないとだめなんだ」と、後悔するのであればよりを戻す選択肢が生まれます。

 

ただここで注意してほしいのは、悲しさゆえによりを戻すことは絶対にしないということです。

 

最初、お別れしたときは誰でも悲しいものです。その「悲しい期間」に耐え切れず、よりを戻すことに先走ってしまう。これは絶対にダメです。

 

同じことの繰り返しですよ(経験済み)。

 

お別れしたからには、必ず自分を見つめなおす空白の期間を作り、気持ちを整理することに注力してください。

 

あ、あと、あなたがよりを戻したいと思っていても、相手はそう思っていないこともあります。お互いに同じ意思を持っているのなら、それに越したことはありませんが、

 

別れるという事は、もう一生恋人になれないということ

 

を念頭に置いていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

2種類しかご紹介しておりませんが、結局の選択肢ってこの2つだと思うんですよね。

 

別れるか別れないか。どちらかです。

 

でも、喧嘩がよく起こるからといって、勢いで別れてしまっては必ず後悔します(これも経験済み。(笑)

 

一番大切なことは、相手としっかり話し合うこと。

 

さっきから何回も言ってますが、この現状を放置して、惰性で過ごさないでください。

 

まあ、結局はあなた次第ですので、本記事を参考にし、良い方向へ向かえば、それほど嬉しいことはありません。

 

応援しています。
kerosuke

いろんな恋愛を経験してきたケロスケと申します。
僕の経験談を交え、皆様にいろんな情報発信をしていきます。
少しでも参考になれば幸いです(/・ω・)/

kerosukeをフォローする
倦怠期
スポンサーリンク
シェアする
kerosukeをフォローする
ケロスケブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました